So-net無料ブログ作成
検索選択

◆PINS FACTORY(ピンズファクトリー)◆あなたの町のピンズ実例紹介【山梨県】財団法人キープ協会 様 「ポール・ラッシュ祭ピンズ」 株式会社デザインアンドデベロップメント

写真拡大PINS FACTORY ピンズは、社章・会員章・褒章・記念品・ノベルティ・プレミアムグッズ・販促グッズ等にご利用いただけますオーダーメイド専門のピンズ(ピンバッジ)メーカー「PINS FACTORY(ピンズファクトリー)」(株式会社デザインアンドデベロップメントのブランド名称、本社:東京都港区、代表取締役社長:大久保雄一、以下:ピンズファクトリー)では、全国津々浦々のお客さまからオーダーメイドピンズ(ピンバッジ)のご依頼を承っております。資料・見積請求(無料)はホームページから簡単にできますので、ぜひともご利用下さい。もちろん、お電話やメール、ファックスでのお問い合わせも大歓迎。ベテランスタッフが分かりやすく丁寧にお答えしますので、お気軽にご相談下さい。http://www.pins.co.jp/ ◆サンプル請求・見積請求はこちら【実例:財団法人キープ協会 様】http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/0610-a15_153/0610-a15_153.htm?source=news1003国内屈指のリゾート地として大人気の清里高原は、各地に散らばる農村のさきがけとなった場所。地名で言うと山梨県の北杜市に属し、JR小梅線の清里駅は日本で2番目の高地駅です。南アルプスが育む良品質な天然水は極上のウイスキーを生み、ひまわり畑が広がる一帯は日照時間も全国1位と、まさしくナチュラル派NO.1。清里の大自然は日本を訪れた外国人にも愛され、当社に毎年オリジナルピンズの製作をご依頼下さる「財団法人キープ協会」を創設したポール・ラッシュ氏もその一人。戦後の日本が自立するためにポール氏が果たした功績は大きく、キープ協会様では地域住民の親睦を図る「ポール・ラッシュ祭」という収穫祭を開催されています。毎回デザインの変わる「ポール・ラッシュ祭ピンズ」ですが、2006年の作品は個性的な「牛」をモチーフにした収穫祭らしい仕様。鮮やかな色で仕上げられたオーダーメイドアイテムは、イベントに参加した子供たちの小さな手の中でキラキラ光り、ピンズの魅力とともに豊かな環境の尊さを優しく語りかけているかのようです。◆山梨県のお客さまからの製作実例・ライトダウン甲府バレー実行委員会様http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/lightdown/lightdown.html?source=news1003・キープやまねミュージアム様http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/yamane/yamane.html?source=news1003・富士吉田市役所様http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/fmr/fmr.htm?source=news1003・ザ・いさわJAZZ実行委員会様http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/391_0811-a11/391_0811-a11.html?source=news1003山梨県立科学館様http://www.pins.co.jp/topics/jitsurei/396_0811-a15/396_0811-a15.html?source=news1003◆その他、ピンズ(ピンバッジ)の製作実例はこちらhttp://www.pins.co.jp/topics/jitsurei.htmlWe give small things the power to tell your best message.PINS FACTORY(ピンズファクトリー)http://www.pins.co.jp【株式会社デザインアンドデベロップメント】ブランド名称:PINS FACTORY(ピンズファクトリー)所在地:〒108-0073 東京都港区三田4-15-35 三田ヒルクレスト7FTEL:03-5441-7417FAX:03-5441-7428URL:http://www.pins.co.jp1990年に設立した、オーダーメイド専門のピンズ(ピンバッジ)メーカー。世界イベントや国内有名企業のピンズ(ピンバッジ)や社章の製作を多数手がける。クリップマーカーなど、ピンズ(ピンバッジ)製作のノウハウを活かしたサービスも積極的におこなっている。※ピンズ[PINS]とは・・・一般的に言うピンバッジ、留具の付いたバッジ。【本件に関するお問い合わせ先】株式会社デザインアンドデベロップメントオペレーションサポートグループ姫井由香Tel:03-5441-7419Email:info2@pins.co.jpNews2uリリース詳細へ

ハイブリッド車は2020年、年間1100万台規模に--野村総研が予測

 野村総合研究所(NRI)は3月15日、2020年までのエコカーの販売市場予測を発表した。日本、米国、欧州、中国の四地域を対象としている。 エコカーは、大きく分けてハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、電気自動車(EV)の3つがある。NRIでは2010年以降、燃料価格の高騰や厳しい環境規制、消費者の環境意識の高まりなどを受け、エコカーの大衆化がより一層進むとみている。 ハイブリッド車は現在、始動時などにモータのみで走行する「ストロングハイブリッド」と呼ばれる方式が主流だ。しかし2020年頃には、始動時や加速時にモータがパワーをアシストする比較的安価な「マイルドハイブリッド」、ブレーキ時にエネルギー回生をするシステムを持ち、ハイブリッド機能が比較的簡易な「マイクロハイブリッド」が台頭し、ハイブリッド車全体で年間1100万台規模に到達するとのことだ。 電気自動車は搭載電池の供給事情や販売価格などに大きく左右されるものの、各国政府の支援などを考慮すると、年間75万台から155万台程度になるという。プラグインハイブリッド車については、ハイブリッド車をベースとしたタイプが価格的に消費者に受け入れられやすいことから主流となり、年間140万台程度となる見込みとしている。関連記事電気自動車が「普通」になる未来を目指して--SIM-Drive本格始動 - 2010/01/25 22:48:02電気自動車の充電料金をICカードで決済--東京神奈川大阪で実証実験 - 2010/01/19 19:18:01カーナビで電気自動車の充電スタンド情報を提供--日本ユニシスが実証実験 - 2010/01/19 19:19:01フォトレポート:新型ハイブリッドカー&電気自動車をチェック--日産・三菱自動車編 - 2009/10/22 13:02:01フォトレポート:新型ハイブリッドカー&電気自動車をチェック--トヨタ自動車編 - 2009/10/22 19:15:00

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。